コラム:年齢を重ねるにつれて変化していった私の結婚観

現代の世の中では、結婚するために行う、まるで就職活動のような婚活という言葉が世間を賑わせています。

お見合いパーティーの告知で参加条件を見てみる と、年収○○以上の方・医者の方・公務員の方などなど。

特に男性に対してそういった、やや高いハードルが設けられています。

私も大学生の頃は、漠然とお給 料の高い人と結婚して、お気楽で優雅な専業主婦になりたい…なんて事を、少なからず思っていました。

家事 

しかし社会人になって、現在の日本の厳しい雇用情勢を 肌で感じ、私の結婚観は知らず知らずの内に変化していきました。

今の日本は、正社員として就職することすら大変な状況です。

晴れて入社できたとしても、 サービス残業や賃金カット、ボーナスゼロ等、暗い話題が多いです。

余程の大企業は別として、かなりの人が何らかの形で給与カットにあわれているかと思いま す。

それでも社員は家族のため、朝から夜遅くまで一生懸命働きます。

そんな現状ですから、妻も旦那が働けなくなったら、私が働くくらいの強い意志と危機感 を持たなければと思います。

現在でも「お気楽専業主婦」は確かに存在されると思いますが、それは旦那様に深く感謝すべきこと。

かといって、賃金カット等に 遭われている旦那様を持つ主婦は、絶対旦那様を恨んだりしてはいけません。

だって、朝から遅くまで一生懸命働いてくれているんだから。

旦那様が悪いのでは 無いから。夜遅くに疲れて帰ってきた旦那様に、家では笑顔でゆっくりすごして欲しいから、また元気になって欲しいから…。

私は笑顔でお帰りなさいと言いま す。

一緒に頑張ろうと心の中で思いながら…。

相手に依存するのではなく、夫婦共に力を合わせて足りないところをお互い補いながら生きていく。それが今の私 の結婚観です。

 

[こちらのサイトもご参考に]

育毛剤@注目の育毛剤特集!

婚活NEWS!最新婚活情報まとめ

婚活サイトの自己紹介文例

婚活の茶番劇!ウソかホントか婚活話

合コン初体験!学生時代の合コン体験談

合コンで婚活は無理!?

婚活成功体験談まとめ

30代独身女の日々の生活事件簿